ライブチャットレディーに嫌われる愚かな行為

ガールズチャットが注目される理由は、やはり目と耳で生の女性を感じることにあるのでしょうか。
パソコンや携帯の画面を通しているとはいえ、優しく微笑んで「いらっしゃい」等と言われれば、スケベでなくても鼻の下は伸びてしまうのではないだろうか。
それにツーショットであれば、独占状態であるから何でもできるという解放感も味わえるのである。だから、思い切って恥ずかしい要求もできるのだ。

更にガールズチャットであれば、自分の画像と音声も画面に表示できるので、一緒にいるような錯覚に陥り妙な気分になれる。
これもガールズチャットならではの楽しみで、一度やったらやめられないと多くの体験者は語る。しかし、このような楽しみをするにあたり心無い行為をする輩が中にはいるとのこと。悲しい話である。

チャットレディーを奴隷扱いしているのか、卑猥な言葉で罵るなど、非常識な行為をする人がいるという。
更には「顔が気に入らない」とか、「体型が太り過ぎだ」、「これじゃあ詐欺にあったようなものだ」とか聞くに堪えない罵詈雑言を浴びせる人もいるという。
このような言葉を浴びせる人は酔っ払いに多いと言うが、できたら素面の時に来てほしいものである。

また、やたら自分の体や持ち物を自慢する人もいるという。
ツーショットチャットでのことであるが、それじゃあ何の為のチャットか分からない。誰も褒めてくれる人がいないからチャットに来ているのかもしれないが、そこを少し我慢して、お互いに楽しむという風にしてもらえるとありがたいとチャットレディーは言う。

それからプライベートなことを聞きたがる人も困るそうだ。
電話番号やメルアドを教えろとか、家はどこだとか、旦那はいるか、家族は何人かなど、興信所じゃあるまいし一体チャットを何と心得ているのだろうか。あきれてものが言えない。

それにしても色々あるもので困ったものだ。
聞けば聞くほど同じ男として怒りを感じずにはいられない。この手の人たちはチャットを何か特別のものと考えているのだろうか。

チャットも人と人とのコミュニケーションの一つである。
ならばそこに人間としての最低限のマナーはあるはずだ。お金を出しているから何をやっても許されるという、誤った感覚が気に入らない。
社会人としての初歩的なマナーすら持たない人はチャットへ来るべきではない。
無駄なお金を使わず、家で一人淋しくシコシコした方がいい。